喪服の女性

葬儀の形は様々で故人に合うものにする

合掌

葬儀の種類はいくつかあり、自由に選ぶことができます。葬儀の種類のなかで、生前葬があります。高齢になってきて体のことを考る中で、本人の健在な間に行こなわれる葬儀の形です。本人の口から感謝の気持ちを伝えることができます。生前葬は本人も出席する葬儀です。友人や知人、親戚などと大切な時間を過ごすことになります。群馬では、新しい形の自由葬というものもあります。自由葬は、宗教儀礼にとらわれないので、無宗教の方向けの葬儀でもあります。故人を偲び、故人の趣味や仲間の気持ちを生かした儀式になります。
群馬で一般的に多いものは、一般葬儀や家族葬です。自宅で行われることは減って、葬祭場で行われることが多くなっています。葬儀を行う際には、葬儀業者に依頼することから始まります。葬儀はどんな風に行ったらいいのかわからないことが多いので、葬儀業者と打ち合わせを繰り返しながら進めていきます。葬儀、故人とお別れする大切な儀式です。一つ一つ確認しながら決めていきます。群馬では喪主と業者とのやり取りの中で、他の家族や親戚も加わって、どんな葬儀にするのか考えていきます。一般葬儀や家族葬をするときには、祭壇やお花、会食、お礼の品など決めることがたくさんあります。相談しやすい業者選びが、素敵な葬儀につながります。

通夜も葬儀もない直葬という送り方もある

群馬での葬儀は通夜も葬儀もない直葬という選択があります。火葬だけで終えることができる葬儀です。この場合も、葬儀業者に依頼します。病院に入院していたり老人ホームなど施設を利用していた場合なども、火葬場に直接移動することができます。群馬で葬儀を行う際にできるだけ費用を抑えたいときは、この種類になります。
費用は安くなるものの、簡略することで家族や親族での偲ぶ時間が減ってしまうので、事前にお別れの時間をもつことが大切です。葬儀とは異なったお別れの方法ができるので、この方法を選ぶ方もいます。
直葬は、火葬場の金額によって費用が大きく変わってきます。火葬場の金額は一定ではなく、大きな差が出てきます。住んでいる地域の火葬場が予約でいっぱいの場合は、他の地域の火葬場を利用すると金額が高くなるので注意が必要です。群馬では、火葬炉の前でお坊さんにお寺から来てもらって読経をしてもらうこともできます。
直葬は、一般葬儀に比べるとかなり費用が抑えられます。費用の面で心配な方が安心して利用することができます。故人の遺志によって直葬を選んだり、葬式代にお金をかけるよりも生きている間に使いたいという考えの人にも選ばれています。

葬儀を一日にまとめて終わらせたいときに一日葬

葬儀は、通夜と葬式の二日間に分けて行うのが一般的です。しかし、家族の仕事や学校の都合がある場合や遠方からくる親戚の関係で、一日にまとめて終わらせたい時があります。群馬では一日葬という葬儀の形があり、通夜の儀式を簡略化したり行わないことで、葬儀告別式に比重を置くことができます。準備には日にちがかかるものの、一日で葬儀のすべてを終わらせることになります。通夜の儀式はなく、前日の夜は仮通夜をします。
群馬で一日葬を考えている場合は、葬儀業者に依頼します。一日葬の相場額は極端に安くなるわけではありません。通夜を行いませんが、仮通夜をしてきちんと葬儀を行うためです。一日葬の相場額は人数や場所(式場)にもよりますが、群馬での一日葬の費用は、葬儀社の支払いや車両、物品やお花、参列者へ返礼品、葬儀の時の会食による飲食代、火葬場や式場の利用料、お布施などたくさんあります。一般葬とほとんど変わらないので、費用を抑えるということにはほとんど関係しません。
参列者が二日に分かれることなく、一日になるという違いです。参列者の中には夜の方が都合が良い方もいるので、一日葬を行うかどうかは、家族での話し合いが必要になります。


群馬葬儀は大切なお葬式で。格安葬儀・家族葬などのご依頼を承っております。無料で相談を実施しているので、ぜひご利用してみましょう。

注目の記事

お線香

葬儀業者ならどこに頼んでも同じなの?

葬儀を行いたい場合は、葬儀業者に依頼することで様々な手配や準備をしてくれます。葬儀は形式やしきたりなどがあり、素人では分からない事ばか…

more
献花

別れをきちんとサポートしてくれる葬儀業者の選び方

葬儀で利用する業者選びは、病院で行うことが多くなります。理由は、病院で亡くなる方が多いためです。病院で亡くなると、すぐに葬儀業者を選ば…

more
数珠

葬儀の中で人気が高まっているのが家族葬

近年、一般葬儀よりも家族葬が増えてきました。高齢化になってきたことや核家族化が進んでいることで、葬儀の形が変わってきました。家族葬は、…

more
喪服

葬儀の種類も多様化し予算が少なくても行いやすくなっています

世の中をみると少子化や核家族化が進んでおり、その流れに合わせて様々な変化がみられます。誰にもいつかは関わってくる葬儀の形においてもその…

more
Top